FC2ブログ
仕事部屋

スパルタ性教育。

今は小学校一年で性教育を始めるんですね。よいことだと思います。
そんなに小さい子にわざわざ教えなくてもいいじゃないか、自分はそんな教育受けてない、それでも立派な大人になった、なんて言う人が未だ多くて、正直あんぐりと口が開いてしまうのですが、そういうこと言ってる人を立派な大人とは思えないし、実際に自分の子供が性犯罪の被害者になったときにもそうやって言ってられんのかと、腹立たしいやら心配になるやらです。

大好きな○○ちゃんのそばに行くと胸がドキドキしますね。
大好きな○○ちゃんなのに、どうしてだか意地悪したくなったりしませんか?
はい、これがあなたの中にある「性の心」です。
人にはどうして性の心があるのでしょう。
それは、人が動物の一種だからです。
絶滅しないために子供を残す本能として、どんな人にも、性の心が備わっています。
意地悪することが一番ドキドキすることだという人もいれば、意地悪されることが一番ドキドキすることだという人もいます。○○ちゃんのたて笛に触れただけでドキドキしちゃう人もいます。○○ちゃんが食べ残した給食のパンにドキドキしちゃう人もいます。それと同じように、大好きでもなんでもない誰かのたて笛や食パンにドキドキしちゃう人も、世の中にはいます。
性の心は、みんなそれぞれ違うし、一人ひとりの秘密の部分です。
あなたの秘密を誰かに笑われたら悲しいでしょう。
だから、あなたも人の性の心を笑ったりしてはいけません。
性の心は一人ひとりが違うものですから、セックスという性の行動にも、うまくいく相手とうまくいかない相手がいます。
それは、行動が合わないのではなく、性の心が合わないのですから、いくら練習しても、決してうまくいくようにはならないものです。
みんなちがって当たり前ですから、あなたが誰かに合わせる必要はありません。
あなたがいやだと思うことは、あなたがしなくていいことです。
どんなに好きな人、大切な人が相手でも、あなた自身の性の心は、あなたにしかわからないものなので、しっかりと自分の性の心を守ってください。

とまあ、そんなことを、我が家では確か幼稚園の頃に、石井隆と山本直樹の漫画をテキストにして教えたわけですが、これは非常に正しい教え方だったと、今の今まで思っている。
因みに、ゲイのセクシャリティーと、オカマという性については身近だったので、ホモンズを実例に挙げた「心の性」として、その次に教えといた。
ホモンズってセレクトが、ちょっとスパルタだったかもしれない。

大昔、まだあたしが二十代だった頃、とある有名進学男子校から国語の特別講師をやってくれと頼まれたことがあったけれど、それを引き受けていたらある意味違った方向での有益な性教育になったんじゃ。
冗談はともかく、誰かあたしに子供の性教育をやらせてくれないかなあ。
それが無理なら、担当する先生には、死ぬほど気持ちいいセックスを経験した人を択んで欲しい。

いや、本気でそう思うちょります。
  1. 2007/02/20(火) 01:42:51|
  2. 雑感
  3. | trackback:1
  4. | comment:4