FC2ブログ
仕事部屋

トーキョーを棄てる人。

理想の高いヒトは、いつか理想の壁に押し潰される。
幻想と諦めているヒトは、いつか足下の穴に落ちる。

ただ、ひたむきに、今すべきことを、黙々と。
ぐちったり、地団駄踏んだり、泣いたり、わめいたり、憧れたり、妬んだり、軽蔑したり、裏切られたりしながら。
上や下や辺りをきょろきょろ見てばかりいないで、自分の掌をしっかり見つめなきゃ。

今すべきことをしてないヒトほど、絶望に迷い込む。
今すべきことをしているヒトには、絶望する暇がない。

行くとか帰るとかって、なんだろう。
帰るところのないあたしには、想像がつかないけれど。
自分でありさえすれば、どこだって同じなんだから、居心地で択べばいい。
時間やお金や友人は作ればいい。
作ろうとしても作り出せないものを持っているうちは、何よりそれを護ればいい。

すべきことはたくさんあるけど、できることはそう多くない。
つまりは、できること全部を片っ端からやっていけば、絶望せずに過ごせるんだろう。
ただなんとなく生きていけるしぶとさを手に入れたければ、今できることのすべてをやってみるしかない。
明日が見えないのは今日をちゃんと生きていないからで。
今日をしっかり生きていれば、明日は必ずくるわけで。

年のいったヒトに同じことは言えないけど、あなたはまだ若いから、続けるだけで必ず何ものかになれる。「やめない」って才能が、どんなことにも一番大事なんだから。

明日逢えないのはとても淋しいけれど、あなたがたった今もちゃんと生きてると信じている。
元気でやってらっしゃい。
  1. 2007/06/24(日) 01:01:41|
  2. 雑感
  3. | trackback:0
  4. | comment:0