仕事部屋

昨夜はケラさんのソロ・アコースティックを見物しに娘と代官山、ソロといってもバンドがいるし、アコースティックといっても本人はいつも通り歌うだけでバンドでも親方はエレベなのだが、まあ、そういうことなんだろう、もちろん会場はSOLD OUT、2時間ちょっとのステージで有頂天やロンバケの懐かしい曲が続々、斉藤ネコのヴァイオリンのハジケっぷりに、初めてヴァイオリンを面白いと思った。親方にとっても久々のライブ、やっぱりベース弾いてる親方はカッコいいやね。

ケラさんと話すのも二年ぶりくらいじゃなかったか、「いろんな旦那さんに御世話になってます」と言われたが、親方と娘は明日夜の「どん底」に行くらしい、飲めない娘はライブ終わりで先に帰宅、みのすけにも会ったけれどこれまたライブぶりだったしゆっくり話せたのは三年ぶりくらい、飲み途中で寅蔵も現れたし、そもそも親方とも正月ぶりに会ったもんでハシャギっぱなしの喋りっぱなし。

それにしても、会社やって劇作家やって演出家やって座長やって映画監督やってアーティストやってと相変わらず殺人的な忙しさの中にいながら「昔は全部一人でやってたからね」とライブの仕切りも全部一人でやっているんだから、ケラは超人だ。
ケラさんに会うと、あたしはいつも自分の基準をリセットしたくなる。
  1. 2008/04/24(木) 11:34:46|
  2. 雑感
  3. | trackback:0
  4. | comment:2