FC2ブログ
仕事部屋

言葉が下手な人ってのが、いる。

判って欲しいことは勿論、仕事の段取りや業務連絡でも、一般的な誠意や謝意や敬意でも、苦情でも、苦悩でも、愛情でも信頼でも、とにかく、伝えるのがヘタな人。

何がどうヘタかっていうと、基本、何を言っているかさっぱりわからない。
言葉の使い方が正しくないことが大きな要因の一つだけど、話題が切り分けされていなかったり、文章の構成がでたらめだったり、省略が不適切だったり、感情的だったりすると、尚のこと判らない。

それがいい大人だったりすると、ちょっと可哀想になる。
基本、自分に対しての客観性が持てない人は、言葉がヘタだ。
きっと、いつも相手が苦心して言いたいことを汲んでくれていて、それが当たり前になっているから、自分に伝える能力がないってことに気づかずにいるんだろう。

だから、判らないって指摘されても、追加の説明ができない。
伝える力のある人は、判らないと言われたら、判るように言葉を重ねるとか別の言葉を選ぶとか、それなりに腐心するのだけど、言葉のヘタな人にはそれができないから、最後には伝えることを放棄して「わかってもらえない」って嘆いてる。

放棄の理由には色々あっても、要は「これ以上の労力を費やしたくない」という意思表示には違いない。
伝わらない判らない、という状態に置かれると自分の能力を省みて努力を重ねるより先に、曲解だ誤解だと相手を批難するのも、伝えることの放棄だ。
信じられないことだけど、そうやって伝えるべきことを放り出してしまう人ってのは実際にいる。

で、そういう部分が根底にあるから、伝わらないんだと思う。
「判ってくれなくても別にいい」的な、投げやりさが、その人の言葉の誠意と真意をぼかしてしまうんじゃないかね。

なんでわかってくれないのか、と言われても、わからないものはわからない。
何が言いたいのか? 何を言って欲しいのか? なんの話をしているのか?
わからないものには、適切な返事ができない。

だから、その人が何かを言っていても、答える人は少ない。
けどまあ、返事をしないのは無礼と思うから、なにがしか、適当な、無難なことだけは答えておく。

仕事をしている人なら、直接本人には下されないところでのマイナス評価に気づかないまま、実は不適切なビジネス用語をそうと知らずに羅列して、無難に通じていると思っていたりする。

残念ながら、余り潤滑なコミュニケーションにはならない。
世の中では、自分の言葉を使えない人は、信頼されないことになっている。

けれど、返事がないよりはましなんだろうし、適当なあしらいでも反応さえあれば、なんだかちゃんと通じたような気がしてしまうんだろう。
本当に通じ合う深い歓びに触れないまま、人と通じていると信じてしまう。
そもそもの無神経で相手を疑うことは増えても、自分を疑うことがない。
結果、改善はしない。

客観性のない人は、自分の言葉が相手にどの程度伝わっているのかが認識できない。
だから、相手にとって必要な言葉を選べない。
そして大概が、自分に向けられた言葉に対しても正しい理解に辿り着かない。
分析は批難と思い、要求は苦情と思い、意見は否定と思い、しまいには言葉が伝えるそれではなく、相手そのものを見失って孤独になる。
孤独だから、伝える力が育まれない悪循環に陥っている。

伝える力とは、出力のパワーとはまたちょっと違うものだろう。
自分に向けられているアンテナを探知することや、出力の加減や、チューニングや、放送内容や。
意味を持たないそれは、他人にすれば不快な妨害電波、雑音に過ぎない。

言語が理解できなくとも、FEN は楽しめる。
そこには伝える力があるから、受け手に理解する能力が足りなくても、不快にはならない。
伝える力のある何かは、音楽でも絵画でも芸術表現でも、理解する能力のあるやなしやに拘らず、その力だけが伝わってきたりするじゃないか。
小説でいえば、つまらないけどついつい最後まで読んでしまうなんてのも、言葉の力でしょうかね。

言葉のヘタは、不器用じゃ済まされない大問題だ。
演出家にも、監督にも、女優にも、ビジネスマンにも、政治家にもいる。

どうしたらいいかって。
恥じて無言になればいい。

私はもうずいぶんと、私的な言葉を使っていない。
これだけの分量で言葉を連ねても、やはり無言なのだ。
  1. 2009/11/07(土) 22:03:12|
  2. 雑感
  3. | trackback:0
  4. | comment:2

今日は反省がいっぱい、まずは犬の散歩をサボったこと、それから打ち合わせの約束をうっかり忘れて初対面の編集者を一時間以上も待たせてしまったこと、最後に初めて飲まずに練習して案外とうまくやれた、つまり飲むのはただの逃げ口上だったってこと。

長いこと小娘ぶってきたせいか、年長年少の男性編集者についてもらうことが多かったが、新しく担当してくれる方は頼もしい女性、引き継いでくれた前担当氏が先に抜けた途端、なんだかほうっと肩の力が落ちた感じがあってちょっと泣きそうになった、私はファザコンでもありマザコンでもある真性小娘なのか、そんな話にも適切な距離感で乗ってくれるのはやはり女性で、日常の人付き合いでもワークショップでもいつからか自然女性が多くなってきているなあと気づいた、「俺たちちょっと距離置こうぜ」なんて感じで放置されていた恋人から久々に電話がかかってきた気分、ああやっぱり好きなんだなあ、ちょっと真剣に彼のこと考えなくちゃ、みたいな。

打ち合わせ切り上げさせてもらい急ぎ帰宅、犬餌ワンタッチでバスに飛び乗ったら先客にマキコ、停留所三つくらいで降りてしまったが、途端なんだかうきうきして安易に「会いたい!」メールなど送り、さして期待もせず飲まずでスタジオ入り。

初挑戦課題のポエトリー・リーディングが楽しい、実は詩を人に頼んでしまったのだけど、人の言葉を喋るのはやっぱり楽しい、歌なら誤摩化せても自分の言葉を読み上げるのは生々しくて気持ちが悪いのだ、かつて「鞄屋の娘」の朗読会をやったときは書いてから飲み込むまでの時間があって演出があって共演者がいた、ポエトリー・リーディングをやってみろと言ったのはバンマスであんまり乗れる提案じゃなかったのだけど、やってみたらやはり圧倒的に自由だった、そしてその自由さがそのまんま歌に広げられたら、もしや初めて立ち方以外のものを見せられるかもしれないなどと極私的かつ前向きな夢想が連鎖、

んで結局「会いたい!」は承諾されず、今日はコウゾウが渋谷で歌ってるんだっけと思い出したりもしたが、その気になれないままむっつり帰ってきた次第、まず犬、次に加湿器、それからお茶、で、顔洗って気がついた、今日は顔も洗わずに飛び出していたのだった。

愛人のような友人に永遠に続きそうな長いメールをして、彼女のことをちょっと想い。

「会いたい」は先に言ったら次は言われるまで辛抱するのが駆け引きってやつなんだろう、そんな面倒なく「会いたい」で会えればそれはきっと「親交」なのだ、確かめたいような確かめたくないような、試しに「会いたい」って言ってよ、会えなくてもいいから。
  1. 2009/11/07(土) 01:08:30|
  2. 雑感
  3. | trackback:0
  4. | comment:0