仕事部屋

日常かくあるべし。

過日、犬息子が突然のけいれん発作、四肢を強張らせてがくがくと震え続け脱糞と、かつて飼っていた犬孫娘のみどりちゃんの最期と同様の症状だったのでとうとうその日が来たのかとうろたえるも、しばらくして容体は落ち着いた。

癲癇持ちの家系ではあるが帆太郎の発作は初めてだったのでその日のうちに動物病院を受診、CTやエコー、血液検査などしたが特に原因となるようなものは見つからずむしろ老体としては健康であるとの所見、但し癲癇発作には脳腫瘍の疑いもあるのでMRI検査を薦められた。

費用に躊躇して即答できずその日は帰宅、家族会議するも決断できず、経済事情で選択肢がないという一番憂鬱な状況に陥ったが、それを知った友人が援助を申し出てくれたおかげでMRI検査を申し込めることになり、検査は全身麻酔が必要というのも躊躇の要因だったのでその日のうちにレントゲン検査で内臓の状態を確認。

老体なのでリスクがないとは言えないが悪影響を受ける病体はないとの診断、週末のMRI検査を予約、予定を一つキャンセルしたが誕生日に合わせてとっていた連休が役立った。

ようやく穏やかな日常を手に入れたつもりでいたのにやはりそうはいかず、50代目前の歳も山谷激しい通常運転となる予感、それでも犬息子との二人暮らしでいた時期を振り返れば心強い、こちらは盆休みにも通常出勤、終業22時で残業必須の仕事なので留守にするのは心許ない、落ち着いているように見えてうろたえているのは私も亭主も同じだが、今は動ける身体と時間が二人分ある。

帆太郎は14歳、これまでに前肢骨折の手術と全抜歯の外科手術を経験した、今度の全身麻酔も乗りきれるに違いない、脳腫瘍であれ癲癇であれこれからは薬が欠かせない生活になる、まあお互いに人生折り返したってところか、騒動のうちに娘も誕生日を迎えた。
  1. 2016/08/18(木) 12:02:42|
  2. 雑感
  3. | trackback:0
  4. | comment:0

葉月に。

7月末日、亡き母の誕生日が寿司屋最後の出勤、上がる時間になって板サンたちに挨拶していると店内の昭和歌謡有線にグッバイマイラブ、ひっそり劇的な気持ちになって退職、夜勤とWワークを卒業して翌日からは9時間拘束で週5日と人生初のフルタイム勤務。

研修中に自分のデスクが与えられていたので仕事内容は大きく変わらないが、残業必須の職場でこそこそ定時に上がるよりゆったり働けるような気がする、コールセンターをくびになった時にはもう新しい仕事など覚えられないのではないかと恐怖したが得手不得手というのがあるものなのだ。

会社組織にはまりこむのは苦手でも個人に取り入るのは得意、飄々と朗らかな弁護士先生はじめスタッフは殆ど歳下だが、受任につなぐ手前の事情聴取専門の相談員だから営業意識もなく、へらへらと得手に専念して受任率アップの好評価。

それにしても世の中には色々な事情がある、ホテル勤務もドラマの宝庫だったが法律事務所で拾うドラマはシリアス過ぎてネタにするのは難しい、相談者に特定の県民が特徴的に多いのはいずれ何かを書くときに参考にするかもしれないが。

朝は亭主が先に出かける、後から起きて洗濯物を干して朝食を済ませて出勤、夕方遅めに1時間の休憩で帰宅して洗濯物を取り込み軽く食事をして職場に戻り、その日の仕事が片付くまで残業して帰宅、亭主が先に帰宅していれば夕飯が用意されているしこちらが早ければ亭主の帰宅に合わせて夕飯を作る。

亭主の仕事は時間が不規則だがなんとなくお互いに合わせられるのは生活のリズムが似ているからか、独りになる時間がほどほどにあり、役割分担が適当なのも暮らし易い、わたしの目下の目標は怪我や病気をすることなく真面目に仂いて亭主に頼らぬ経済力をつけることだが、多分これ以上は働けない。

今日、亭主が41歳になった、まだまだ健康でいてもらわねばならない。

  1. 2016/08/02(火) 23:53:44|
  2. 雑感
  3. | trackback:0
  4. | comment:0