FC2ブログ
仕事部屋

Contemporaneity is permanent.

ちょっと前に韓国のオーディション番組でとても心地よい歌声の女の子を視た。最終選考まで残って来日ツアーにも参加していたがステージは観られていない。当然すぐにデビューするんだろうとしばらくの間彼女の名前をちょいちょい検索していたけれど、なかなか見つからなかった。諦めた頃、ネトフリで人気のドラマを観ていたらあの心地よい声が聞こえた。OSTの情報があったが韓国語表記で確認できなかった。その後Youtubeで調べるとOSTが2曲あがっていて、iTunesストアで探したらEPもOSTの曲も購入できた。少し肌寒い日の寝起きに聴くと白湯を飲んだようにすっとした気分になる。寝る前に聴くとふわっとほぐれる。こうやって世界のどこかで小さな煌めきを発している何かをMacの前に座っているだけで当たり前のように手にできるなんて本当にすごい。

最近はセーラー服の歌って踊る4人組も好き。ヤラされてる感がないってこんなにも伝わる活力が違うのかと目を瞠る。歌やダンスの面白さってやっぱり技術に支えられてるんだなあと感嘆しながら繰り返し視てしまう。「はみだしていく」ことがモットーの人たちは枠があって初めて活きるのだとしたら、どうかギリギリ王道からはみ出していて欲しい。はみ出していたものを王道にのせて潰してしまうのは、それだけ王道そのものが脆いからだとしたら、昭和歌謡という王道はそれだけ今の時代において頑強なんだろう。

NHKの朝ドラで懐かしい新曲を創り上げる服部隆之氏に、なんともいえない誇らしさのようなものを感じた。もちろん隆之氏も王道に立っているわけだが、祖父が築いたスタイルあってこその「そのものじゃない活力」がカッコいい。中学生の頃、自作の詩を持って服部家にお邪魔し、隆之氏が作曲したメロディーを隆之氏のピアノに合わせて歌わせてもらったことがあった。練習させてもらったのはそのとき1回きりなのにそのメロディーは不思議と染み付いていて今もそのまま歌える。当時はライブをやる計画も立てたのだけど、世間知らずの中学生には実現する力が及ばずたいそう失礼をしてしまったのだった。そのときは克久先生にも「お父さんとご一緒したことがあるよ」とお声をかけて戴いたし、何しろ後々に黒テントのハットさんと出会った。うちの娘は中学生のとき黒テントのワークショップに参加してハットさんの生演奏で買い物ブギを歌った。名家の脇にささやかな歴史あり。

自分の内側に散らばっている残像の欠片はネット上にあるものと似ている。無限に拡がる枝葉は確かに世界に向けて伸びているけれど、その種はいつも自分の内側に、時には見えないほど深い奥底で芽吹く。孫が成長する過程で同時代性の恩恵が途切れても、またほかのつながり方が始まって、それが次の同時代性になって、いつか振り返って嬉しく感じたりするんだな。



  1. 2023/12/04(月) 11:48:59|
  2. 雑感
  3. | trackback:0
  4. | comment:0