仕事部屋

予定通り。

本日、予定通りに「台所純情」稽古入り。
制作から避難時の通達と節電の呼びかけ、プロデューサーからは「制作費節約」の呼びかけ。
アテ書きだし役名を考えるのが面倒で「睦雄」とかそのまんまの名前にしており、台本にもキャスト表をつけなかったので、「キャスティングはこれから決めようと思ってるんですが」と言ったら皆一斉に不安な顔になったのが可笑しい。

通しての本読みを計3回、1回は睦雄役を龍さんに、平井役を睦雄にやらせてみたりもし、3回目に私も本読みに参加。今回は睦雄が苦心するような台本を作ったので、休憩中に小形と2人で「ちょっとハードル高くし過ぎたか」などと言いつつ本読みしてみたら相手役である私まで苦心しそうで内心ヒヤリ、内野はいつ削ってもいいような役なのだけど、相手役のよっちゃんが「お前が削られたら俺もなくなっちゃうんだからな」と釘を刺していた。

よっちゃん、龍さん、美術の井上さんとモグラファミリーでも年長組のお三方がいるので、飲みの席でもまずはガンだの年金だのの話題になる、年々そうした話題への参加者が増えるんだろう、「どうなっちゃうんだろうね、これから」と誰かが言えば皆が「ううん…」と黙り込むこと数度、どうせ誰も本気で不安がっちゃいないのだが、うっかりな軽口叩ける雰囲気じゃないのは確か。

それでも稽古が始まればやってくしかない、顔が揃ってほっとしたのは、私だけではないはず。
何が起きたって、役者の頼りは台本と体力だけ。
始まってしまえばいつか必ず終わるのが、芝居のいいところって、ずっと思ってきている。
始まったんだから、ちゃんと終わらせようと、改めて思う。

3月27日(日)15:00~21:00 ワークショップ「そのまま、そこにいるために」スプリング・クラス、予定通りに開催します。
やむを得ずの申込キャンセルが出たため、申込〆切日を25日(金)まで延長することにしました。
「台所純情」のテキストを使って、お芝居の立ち上げ方をなぞっていく全一回のワークショップです。
参加費8,000円、会場は水天宮ピット 、龍昇企画稽古場、残念ながら今月は非公開、見学不可です。

世の中の出来事はどうにもならなくても、自分の時間はどうにかできるもんじゃありませんか。
限られているからこそ、意味や目的のないそれも、大切にできるような気がします。
逃げる自由、助ける自由、闘う自由、まだまだあるのは、まったくましなことだと思います。
  1. 2011/03/24(木) 02:04:04|
  2. 雑感
  3. | trackback:0
  4. | comment:0
<<「せつないかもしれない」アップされました。

comment

contribute

display in just the manager

trackback

Trackback URL
http://workroom.jp/tb.php/1015-f78ac959
trackback for FC2 user