仕事部屋

ややこしくないわい。

落ち着かないまま時間が過ぎて段々とそれに馴れていくのも安定なのか、そういや波風多い人生だって自分にとってはただの日常、加減を知れば飲み込めることが数多あり、いちいちつんのめらずに飲み込んでしれっとした顔でそこにいてやろう、ベロだして吐き出して駄々こねたって何も変わらない、といって腹に溜めるほどの辛抱もない、ややこしいと思うのは少しでもいいふうにしてくれようとするからで、もっとすっきりこんなんですスンマセンそれでもそこにいてクダサイと投げ出してしまえばいいんだろう、いつかはそれしかないと諦め半分にそうやって向き合ったんじゃなかったか、記憶に頼らずとも知り得ることがあったんじゃなかったか、いちいち真に受けてそれなりに気遣ってくれるその人には申し訳ないけれど、どうあろう?どうあればいい?と考えるのはもうやめた、どうせそうとしかいられない、どうこうしたい、どうしたい?と投げかけるのもやめる、ほんとのそれはたった一つ。
  1. 2012/02/24(金) 11:57:45|
  2. 雑感
  3. | trackback:0
  4. | comment:0
<<劇場入り。

comment

contribute

display in just the manager

trackback

Trackback URL
http://workroom.jp/tb.php/1119-17ebf271
trackback for FC2 user