仕事部屋

自分空洞説。

去年の今頃だか、オムニバスの公演で初見したMrs.fictionsというグループに興味を持って、一度コンタクトをした。
そのときには実現できなかったけど、今回、12月公演では「Mrs.fictionsの身内になってくれる方を募集します」とあったので気合いを入れて応募してバタバタと出演が決まり、既に稽古に入っている。
チラシには間に合わずで名前がないけど私は中嶋康太の作品1本に出演する。
12/13から、池袋シアターグリーンBASE THEATER

実は、もう芝居は打ち止めかなと思っており、よしそうしようと決めた日に中嶋くんからの連絡があった。
身内になりたいと応募したのに実はもう芝居やめるんですとも言えず、今のところは、久々にそうしたことを思い悩んだ日々として飲み込んで、せめてもの現状維持に務めるつもりになりつつある。

ぽっかり曖昧な気持ちのまま、日曜に流山児事務所の「地球空洞説」を見物、寺山修司見せ物ミュージカルと謳う天野天街演出は、そこにいる人たちへの愛情に満ちあふれていた。
塩野谷さんに話すとまた叱られるんだろうなあと思って「もう芝居やめる」とは言えなかった。


IMG_1422.jpg
終演後、劇場の上空に揚げられる気球。


こないだまでそうとも意識せずに10年芝居から離れていたのに、今またそれを考えるとやっぱりごっそりと身を削ぐ感覚がある。
どんな芝居なのか、面白いのかってことよりも、どんな人なのか、何をやろうとしているのかばかりが観たい見せたいになったからかもしれない。

そもそも、やめるだのやめないだのと区切るのが苦手だ。
覚悟するとか決心するとか目標に向かうとか、その手の一切が苦手なんだろうと思う。
心に強制的な力がちょっとでも加わると途端に萎む。
そのくせ望まれることには少しでも応えたい、応えることでしか自分の存在価値を認められないという卑屈さがある。

私は芝居が好きなわけじゃなくて芝居をやってる人たちが好きなんだと自覚しているから、ときどきそういう自分をものすごく不純に感じて自己嫌悪するんだけど、嫌いな部分だからって切り捨てるにはいちいちデカ過ぎて、棄てたあとの空洞が恐ろしかったりもする。

空洞にすっぽり飲まれて彷徨う闇も、決して無益ではないと思うのだけど、そのまま闇に溶けて消えてなくなってしまいそうな恐怖があって、踏ん切れない。
棄てる恐ろしさより抱え続けるしんどさの方が百倍マシだし、馴れてしまっているせいか。

そして、そうやって思い悩む時の私は大概が選択を間違える。
大切なものを手放して楽になったつもり、自分一人が飲み込んで人の為のつもり、もの凄く無理をして道理に沿ったつもりになって、余計な苦しさを増やす。
そんな自分が誰かを幸せにすることなどできやしないのに。

棄てることで生きる人もいるだろう。
だけど私はきっとそうじゃない。
背負うとか抱えるとか引きずるんじゃなくて、自分の一部として飲み込んで、ぱつぱつに膨張しながら生きるのが性分なんだろう。

そりゃ誰だっていらないものは棄てたいし身軽でいたいんだろうけど、すっかり自分の細胞の一つになっているものを削り取れば痛みがあるわなあ。
それが本当に不要なものなら、代謝で削がれていくはずだから、せいぜい巡りの良い自分でありたい。
ぱつぱつの自分に針を突き立てられてあっさり萎んでしまったばかりで、今はまだ月に届かないけれど、重たいものを棄てなくたって飛んで行けるだけの軽さを詰め込めばいいんだろう。

どれほどの思いで自分を削いだところで、どうせしんどいことはなくならない。
だったら、しんどいことより愉しいことをたくさん抱えてやれと思う。


映画「愛のゆくえ(仮)」、ポレポレ東中野での公開は今週末。
監督もスタッフも連日寒風の街頭でチラシを配っている。
12月22日の大阪シネヌーヴォに次いで、名古屋シネマテークでの公開も決定。

本日27日は映画「ドコニモイケナイ」@渋谷ユーロスペースでのアフタートークに出演します。
上映は21:10から。




  1. 2012/11/27(火) 14:33:10|
  2. 雑感
  3. | trackback:0
  4. | comment:0
<<映画「愛のゆくえ(仮)」公開中。

comment

contribute

display in just the manager

trackback

Trackback URL
http://workroom.jp/tb.php/1206-7a9eea5c
trackback for FC2 user