仕事部屋

憎しみのゆくえ(仮)。

twitterやらfacebookやらで愚痴っているうちに2週目の稽古も終わって、残りの稽古は12回。
稽古日数少ないですよ、お願いしますね、と佃さんにあらかじめ言い続けていたが、お願いされるのはこっちの方で、未だろくすっぽ台本を手放せず段取りもこなせないまま組んず解れつの稽古で青あざだらけ、衣装重ね着のこちらは汗だくでのぼせ上がっているがブリーフ1枚が衣装の公佑には冷房がつらい、飯休憩もない稽古でもうひと粘りしたくとも体力と集中力が続かない、とまあ、あれこれがままならぬので愚痴は尽きない。

大きな声でセリフを喋ることも、足音を立てることも、人の身体に触れるのも、ガナったり喚いたりするのも、段取りを振り付けされて動くのも、ユニゾンのセリフを喋るのも、生理が追いつかないままそこにいるのも、衣装を決めるのも小道具を使うのも、全部が全部、これまで「やらないこと」にして避けてきたそれで、それはいいとか悪いとかではなく、私自身がそういうことを巧くこなせないからなのだけど、かれこれ20年くらいはそれを避けるためだけにやってきたと言えるくらいのそれを、今はすべて新しい課題として目の前に積み上げられて、エンゲキってむずかしいのね、と今更に思う。

お金のことも然りで、制作費をケチれば水準に届かず、水準を満たせば制作費が足らない、チケット代を上げれば売れ行きが伸びないし、クラウドファンディングに取り組んでも思うような結果は出せない。
自分たちが作り上げる作品に値段をつけるなどそもそもが難しいことだけど、カルチベートチケットを取り入れて無料券を出したりチケット代を少しでも安くすることで1人でも多くを呼び込みたいのだが、チケット代がいくらだろうと芝居なんぞ観ない人は一生観ないのだし。
これまでは、それでも私らはいつでもここでやってるから、というカッコつけができていたのだけど、ここいらが限界なのだろう。

「どんな名優も板の上に立てなければゼロです。元気・健康は最強の才能です」とまさしく名優の塩野谷さんが言った。
その通りだとしみじみ感じた1年を過ごしての今は、
「どんなに最強の才能を持った名優でも、立つ板がなければゼロじゃないか」と思ったりもする。

精神的な限界は何度も乗り越えてきたし、体調の限界は一山を越えていて、今は何が限界なのか。
日々のご予約とご支援に突き動かされて、ようように立ち向かっている有り様で、泣き言というよりもはや恨み言、もうやめますっていつ言うかも知れない、そのまま一生を終えるかもしれない、その時に惜しんでくれるなよと、こちらも覚悟するしかない。

他の仕事で忙しい合間に顔を出してくれるスタッフが、体調を気遣ってくれたり、稽古を面白がってくれたりするそれや、役者たちが宣伝に協力してくれることや、手伝いの高校生たちが夏休みのほぼすべてをこの芝居のために使ってくれていることや、無論、拠りどころはいくらでもあるのだが、それでもやっぱり板の上には独りで立たなければならない。

趣味でも実益でも希望でもない。
もっと言えば歓びでもなく苦しみでもない、ただ、自分をスッカラカンにするだけの時間は、人生の不条理、とでも言おうか、本当に不思議な時間だなあと、40年もやってきて、まだ思う。

実のところ、もう何年か前から芝居なんぞ辞めたい、辞めようと思い続けて、思い続けながらやっている。
これでおしまい、と踏ん切れる一本があれば、多分、辞めていた。
他人からの評価や興行の成績じゃないところで、「こりゃもう一生やってもどうにもならんな」と諦めがつく一本があれば、辞められるんだけどなあ、と今もどこかで思っている。

言い方が捻れているからイヤイヤやってるように思われるかもしれないが、満足することがない、完成することがないから、やり続ける、という人の感覚とそう違わない。
だけど、満足を求めるわけでも完成を求めるわけでもない、そんなもの絶対に得られないと知っている、だから「どうにもならん」と諦めが付く瞬間を夢見る。
どうにも歯が立たなくて、二度と立てないくらいずたずたのぼろぼろにやっつけられなければ終えられない。
それさえあれば、芝居なんぞさっさと辞めて「あー、人生の全部を棒に振っちゃったよ」と気が済むまで怨みたい。

今回の戯曲は、阿部定をモチーフにした現代モノであり、いつの時代にも変わらぬ愛と孤独、生と性などがアカラサマに描かれているので、嫉妬やら憎悪やらの私に欠落している感情を生み出さねばならず、それだけでも普通の精神状態ではいられない状況なのだが、人に対してそれが持てない私でも、エンゲキにはそれが持てるんだなあと気づいたので、無様に愚痴るのも悪くない。

てことは、くどくど解釈に逃げない佃さんの演出も、空っぽの状態でそこにいるだけの私から何かしら探り出そうと取っ組み合ってくれる相手役の寺十さんも、脂汗を滲ませながら裸で震えてじっと耐えていてくれる公佑も、やっぱりエンゲキが好きなんだなあ。
エンゲキが好きな人たちとエンゲキを演れて嬉しいなあ、と素直に思う。

しかしまあ、エンゲキは難しい。
はてさて。


ご支援の募集は2000円から。あと6日と2時間ちょいで終了です。
どうかどうかご助力ください。
【この公演をMotionGalleryで支援する】

むろん、公演のご予約もお待ちしています。
現在、土曜と日曜の夜の回が売れ行き好調。
【この公演をCorichで予約する】




  1. 2015/08/29(土) 21:49:16|
  2. 雑感
  3. | trackback:0
  4. | comment:0
<<劇場入り10日前。

comment

contribute

display in just the manager

trackback

Trackback URL
http://workroom.jp/tb.php/1292-24c1c099
trackback for FC2 user