仕事部屋

日常かくあるべし。

過日、犬息子が突然のけいれん発作、四肢を強張らせてがくがくと震え続け脱糞と、かつて飼っていた犬孫娘のみどりちゃんの最期と同様の症状だったのでとうとうその日が来たのかとうろたえるも、しばらくして容体は落ち着いた。

癲癇持ちの家系ではあるが帆太郎の発作は初めてだったのでその日のうちに動物病院を受診、CTやエコー、血液検査などしたが特に原因となるようなものは見つからずむしろ老体としては健康であるとの所見、但し癲癇発作には脳腫瘍の疑いもあるのでMRI検査を薦められた。

費用に躊躇して即答できずその日は帰宅、家族会議するも決断できず、経済事情で選択肢がないという一番憂鬱な状況に陥ったが、それを知った友人が援助を申し出てくれたおかげでMRI検査を申し込めることになり、検査は全身麻酔が必要というのも躊躇の要因だったのでその日のうちにレントゲン検査で内臓の状態を確認。

老体なのでリスクがないとは言えないが悪影響を受ける病体はないとの診断、週末のMRI検査を予約、予定を一つキャンセルしたが誕生日に合わせてとっていた連休が役立った。

ようやく穏やかな日常を手に入れたつもりでいたのにやはりそうはいかず、50代目前の歳も山谷激しい通常運転となる予感、それでも犬息子との二人暮らしでいた時期を振り返れば心強い、こちらは盆休みにも通常出勤、終業22時で残業必須の仕事なので留守にするのは心許ない、落ち着いているように見えてうろたえているのは私も亭主も同じだが、今は動ける身体と時間が二人分ある。

帆太郎は14歳、これまでに前肢骨折の手術と全抜歯の外科手術を経験した、今度の全身麻酔も乗りきれるに違いない、脳腫瘍であれ癲癇であれこれからは薬が欠かせない生活になる、まあお互いに人生折り返したってところか、騒動のうちに娘も誕生日を迎えた。
  1. 2016/08/18(木) 12:02:42|
  2. 雑感
  3. | trackback:0
  4. | comment:0
<<秋に足踏み。

comment

contribute

display in just the manager

trackback

Trackback URL
http://workroom.jp/tb.php/1326-a8f8a374
trackback for FC2 user