仕事部屋

誕生日は21日

娘の「イタタタタタタ」が「ああー」という呻き声になり始めた朝方、看護師さんが娘に足湯を用意してくれた、それから診察、「もうすぐそこにいる」「まだ8センチ」などの声をカーテン越しに聞いていたら胎内のモニターに警告音、看護師さんに立ち位置を明け渡した、程なく「何か出てきた」と娘の声、どうやら破水したらしく娘はベッドごと分娩室に運ばれていき、外で待つように言われて廊下のベンチに移動。

ここからが長いんだよなあと思いながら呻き声が漏れ聞こえる廊下で娘の旦那に「破水して分娩室に入った」とメール、それから15分もしないうちに娘の旦那と旦那のお父さんが駆けつけたが、自分のお産の時はそこから4時間ほどかかったからまだまだかかると話して今から仕事という娘の旦那を再び送り出し、空が白み始めた廊下で一服ついでに散歩でもしてこようかとタイミングを見計らいながら娘がいきむ声を3回くらいは聞いたか、ギャアーと叫ぶ声があって「おめでとうございます!」と口々に言う看護師さんたちの声、まさかと思ったが叫び声は娘ではなく産まれてきた赤ん坊の泣き声だったらしく、ギャアギャアと動物のような産声が響き渡った。

「産まれたみたい」とメールしたら「え、本当ですか」と返ってきた、送り出して10分もしていない、「引き返したいけど仕事行かなきゃならないので今から母親が行きます」と葛藤の決断、その通りに娘の義母が駆けつけてくれ、祖母二人が自分の経験を披露し合ううち赤ん坊を抱いた看護師さんがお披露目に来てくれ、「21日5時27分、2750gです」と報告を受ける。

「日向は大丈夫ですか」と訊いたのは私でなく旦那側の祖母、何しろ娘は日頃から旦那の実家で何もかも世話になっている、娘の旦那は自宅で娘だけが旦那の実家で上げ膳据え膳の優雅な妊婦だったのだ、その娘は「元気ですよ、出血も少なかったし、写真撮ってお父さんにメールしてるくらいです」とのこと、お母さんを休ませるため面会は午後1時からしかできないので一旦お帰り下さいと促され、車で待っていてくれた娘の義父に送られて日が変わる前に降り立った駅、車中で祖母二人がきゃっきゃと話す中、祖父はぽつりと「日向、いい仕事してくれたなあ」。

出勤する人々の満員電車であちこちに「初孫産まれました」メールをしながら戻りヘロヘロと歩いて帰宅、シャワー浴びて寝て起きて、「出産後に何食べたい?」と訊いたら「ステーキ」と即答した娘のために伊勢丹で高級焼肉弁当を買って再び病院に向かったのは夕方、命名は「和と書いてのどか」だそう、小一時間孫の足裏や娘の授乳やオムツ換えの手際を眺めて、今度は退勤する人々の満員電車で帰宅、娘は何事もなかったような元気さで大したもんだと感心、まだ孫より娘の方が可愛い、娘がやり遂げたことを思い返すとちょっと泣けてくる。


IMG_9721.jpg
  1. 2017/09/22(金) 01:12:02|
  2. 雑感
  3. | trackback:0
  4. | comment:1
<<良かれ悪しかれ。

comment

すげ

初産って時間かかるはずなのに眼を疑ったw
えって頭の中が疑問符でいっぱいホントすごい。お疲れ様‼️娘さんもおばあちゃんも。
  1. 2017/09/22(金) 11:01:54 |
  2. URL |
  3. 篠原勝美 #Ywag97s2
  4. [ edit]

contribute

display in just the manager

trackback

Trackback URL
http://workroom.jp/tb.php/1340-6077bb02
trackback for FC2 user