FC2ブログ
仕事部屋

眼病徒然。

緑内障を患って昨夏から眼圧を下げる治療を受けている、これまでの体調不良は殆ど持病が大元だったのだがこれはまったく関係がないはず、そう考えるとこの年齢で二つ三つの病名しかないんだからもしやそこそこ健康体なのではないかと思える。

きっかけは目の痛みで眼科を受診したことだった、痛みは単純な細菌感染だったので治癒後に改めて検査を受け診断された、視野検査は覗き込んでいる画面で光の点滅が見えたらボタンを押すという仕掛けだが、ちっとも点滅しないので看護師がサボっているんじゃないかと思うくらい見えず通常の視野の20パーセント程度と言われた、30代で脳梗塞が発覚しているので脳みそも使いこなせていなかった全身省エネ、いや今だとエコな生き方、サステナブルな不健康体である。

緑内障は進行を遅くすることで寿命に追い越させる方針、処方の目薬の効果が現れず毎月違う目薬を処方されてようやく効果が認められた7つ目の薬を続けることになったが、ちょっとこっちも試してみてと同時にもう1種が出されている、一つは沁みるやつでもう一つは充血するやつ、基本コンタクトレンズを付けっ放しで生活していたのだが1日2回の点眼を守るため寝るときにはレンズを外すことになる。

裸眼だと両目とも0.01の視力なので当然メガネをかける、寝落ちするので朝目覚めるとメガネを探すために布団と布団にくるまっている犬をひっくり返すのが日課になった、度数を上げるとめまいと頭痛がするので俗に言う牛乳瓶の底のようなメガネでも身の回りのことが最低限できるだけの補正力で外出時には使えずコンタクトの方が補正力が強い、にも拘らず老眼のため更に老眼鏡を使わねば文字の読み書きに不便する、よって朝起きて牛乳瓶の底をつけ沁みる目薬の点眼後に5分おき充血する目薬を点眼して15分おいて遠近両用のコンタクトレンズを装着してようやくの日常、勤務時にはその上で老眼鏡という面倒さで、丸腰→銃器携帯→実弾装填→サプレッサー装着みたいな感じ。

そういえばいつの間にか孫は小学校に通い始めた、最近は包丁が使えるようになったのでサラダと称して毎夕食時に切っただけの人参や切っただけの胡瓜などの生野菜を強制的に食べさせられる、洋服を自分で選ぶことに満足感があるらしく気温23度越えでも長袖に半袖を重ねてもこもこの裏地つき長ズボンを履いて出かける、こないだは片付けていた私の冬服に目をつけて「バーバが死ぬまで待つからそれちょうだい」と宣告された。

実は今月は結婚記念日があって、顔や名前や日付を覚えられない私が覚えるられるくらいの回数を迎えるのだが、それにはかつて法律事務所でバイトしていたときに同僚だった昌子ちゃんの功績があり、いつも忘れていて叱られると話してからの4~5年は毎年昌子ちゃんが「今日は結婚記念日ですよ」とリマインドしてくれていたのだった、結婚してしばらくは亭主が夜中に帰宅して寝室に入ってくると不審者と思い悲鳴をあげていたし、亭主の顔や名前を忘れても認知症と言えるかどうか、もし犬の名前や顔を忘れたら疑うことなく認知症だろうから、そうなったら点眼もままならない。



Doc - Reiwa 6 Apr 13 - 12-51孫が描いたウイロウ。


  1. 2024/04/17(水) 12:40:14|
  2. 雑感
  3. | trackback:0
  4. | comment:0
<<大黒柱の嘆き。

comment

contribute

display in just the manager

trackback

Trackback URL
http://workroom.jp/tb.php/1393-583609f1
trackback for FC2 user